消費者金融情報局

消費者金融のこと、調べてみました。

この画面は、簡易表示です


消費者金融で借り入れを行う心構え

まだ学生気分の抜けない若い頃は、いつもお金が無くて困っていた気がします。
その為、返す当ても無いのに友達から借りまくったり、両親に懇願して都合してもらったりしていました。
当然、その後は返済地獄となります。
両親はまだ待ってもらうこともできますが、友達に関しては、その関係性を壊してしまう事にもなりかねませんので、身を持って安易に借りる事がいけないということを学びました。
欲望むき出しで、お金を借りるのはダメです。
この年になってそう気付くのですが、若い頃は、何でそんな事にも気付かないんだと、本当に情けなくなります。
そんな苦い経験をしたからなのでしょう。
それ以降は、絶対にお金を借りる事はしないと決め、しばらくの間は、それを守り続けてきました。
しかし、どうしても手元にお金が無い、一時的に必要とするという状況は、やって来るものです。
その時は、友人や両親から借りるのではなく、消費者金融でお金を借りることにしました。
返済の責任をより強く持てますし、最小限の必要な金額だけを借りる事と、その借入額を計画的に返済可能なのかどうかまでを検討し、ようやく利用することにしました。
その経験で感じたことは、借りる側の意識次第で、消費者金融が便利と感じられるということでした。
無計画に借り入れを行えば、取り返しのつかないことになると分かっていさえすれば、必要な時にだけ利用することで、急な入用に対応できるということで、その後も、必要性を感じたときには、利用させてもらっています。

消費者金融